イベント案内

Event Guideance

イベントレポート

イベントレポート一覧へ戻る

「つくし紫」文化塾2013
江戸絵画の不都合な真実~葛飾北斎・伊藤若冲を中心に~
第1回 「富嶽三十六景」に隠された“北斎・コード”~江戸絵画の全体を俯瞰しつつ~

2013年11月4日(月)

時間: 13:00(開場) 13:30(開演) 15:00(終演予定)

江戸時代、日本の絵画は世界に例を見ないほど多彩で豊かでした。喜多川歌麿、葛飾北斎に代表される浮世絵や鮮やかに花鳥風月を描いた狩野派、琳派・・・・・。近年は、伊藤若冲や曾我蕭白など余り知られることのなかった“京都画派”にも新たな光が当てられ、江戸絵画の世界はされに豊かな広がりを見せています。今年の「つくし紫」文化塾は、「江戸絵画の不都合な真実」という意味深なタイトルで、これら江戸絵画の魅力に迫ります。講師は、伊藤若冲ブームの仕掛け人とも言われ、昨年、西日本新聞にエッセイ「絵は口ほどに物を言い」を長期連載して好評だった狩野博幸・同志社大教授。ユニークで面白さいっぱいの2回連続講座をお楽しみください!


クリックで拡大

イベントレポート一覧へ戻る