イベント案内

Event Guideance

イベントレポート

イベントレポート一覧へ戻る

第31回名曲コンサート
ミュージカルとオペラの祭典

2016年12月4日(日)

時間: 開場 14:30  開演 15:00

日本を代表するソリスト達とオーケストラとの夢の響演!!
九州交響楽団メンバー中心によるアンサンブル福岡が日本を代表する名テノール歌手・青栁素晴さんとソプラノ歌手・吉原圭子さん、林麻耶さんをゲストに迎え、響き豊かな演奏を披露します。お楽しみに♪


クリックで拡大

イベントのご報告

当会館の看板イベントで31回目を迎えた今年は「オペラとミュージカルの祭典」と銘打って大倉安幸氏がプロデュース、同氏の指揮による九州交響楽団メンバー中心によるアンサンブル福岡と日本を代表するソリスト達との夢の響演が実現しました。第1部は、福岡で活躍中のソプラノ歌手・林麻耶氏がミュージカル『キャッツ』より「メモリー」、『アメイジング・グレイス』など4曲を披露。また、地元・筑紫野市で活動されている筑紫野女声コーラスがミュージカル『メリーポピンズ』に挑戦、指揮の今村恵子氏(メリーポピンズ役)、鶴賀皇史朗氏(バート役)、上野玲菜さん(ジェーン役)、上野夏菜さん(マイケル役)とともに「お砂糖ひとさじで」「楽しい休日」「チムチムチェリー」など美しいハーモニーを響かせ、華やかなそして楽しいステージとなりました。
第2部は、名テノール歌手・青栁素晴氏と新国立劇場で活躍中のソプラノ歌手・吉原圭子氏をゲストに迎え、『トゥーランドット』より「誰も寝てはならぬ」、『ラ・ボエーム』より「ムゼッタのワルツ」、『ジャンニ・スキッキ』より「私のお父さん」、『道化師』より「衣装をつけろ」などオペラの名曲の数々を歌い上げました。満員の聴衆は、青栁氏、吉原氏、林氏のボリューム感あふれる素晴らしい歌声やアンサンブル福岡の演奏に聴き入り、会場は熱い拍手の渦に包まれました。
イベントレポート一覧へ戻る